単身赴任の準備をする時はどんなことに気を使うべきか


新居を見つける際は信頼できる不動産会社を見つけよう

近い将来に単身赴任の予定がある場合には、転居先で不自由なく生活ができるよう、早いうちから信頼のできる不動産会社を探し始めることが大切です。各地の不動産会社の中には、単身赴任者にぴったりのワンルームマンションをはじめとする優良物件を店頭やオンラインサイトなど様々な場所で紹介したり、個別にニーズに合う物件を提案したりしているところもあります。

また、様々な事情で物件の見学ができない人のために、候補の物件の室内写真や動画を閲覧できるようにしている不動産会社もあるため、じっくりと各社の取り組みを比較してみましょう。なお、過去に単身赴任をした経験が無い人は、多くの単身赴任者の間で高く評価されている会社に注目をして、直接資料請求をしたり電話相談窓口で質問したりするのも有効です。

なるべく繁忙期を避けて引越しの手配を行おう

単身赴任のために引越しの作業が必要な時は、なるべく土日祝日や年度末などの繁忙期を避けて引越し業者に依頼をするのがポイントです。大手や中堅の引越し業者の中には、通常よりもリーズナブルな料金で効率よく荷造りや運搬などの作業が可能な時期について、ウェブ上で公開をしているところもあるため、時間を見つけて各業者の特徴を確認しておきましょう。また、大手をはじめとして、単身赴任者向けの特別なコースを設けているところも珍しくありません。そこで、お得な料金で引越し作業を済ませたい人は早めに見積もりを出してもらったり、キャンペーンの期間を利用したりするのも良いでしょう。

単身赴任の家具を揃える場合、購入かレンタルすることになります。購入する場合、購入費用だけではなく赴任期間が終わった後に不必要になった家具を処分するコストが掛かってしまうため、レンタルする方が無難です。